Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

(新)般若の独り言~台湾からの贈り物

前出のブログにも書きましたように、今回、

台湾嘉義にある法雨道場で、一週間のリトリートに参加してきました。

皆様へのお土産は、中国語の仏法書。

その中で、日本の方々にご紹介したいのは

『24縁発趣論』

『日常に生かすアビダンマ』

阿弥陀仏を超えて』

です。

この3冊の中では特に、『24縁発趣論』(中国語版)、非常に重要な事が書かれていますので、早速、日本語に翻訳したいと思います。

書かれている内容は難しいですが、じっくり読んで理解しますと、ゴータマ仏陀の智慧の深さに感動致します。

著者はスシラ・サヤレー。

マレーシアの華人で、禅林道場を設立した、女性住職さん。

お会いした事はないのですが、非常に優秀なサヤレーだと聞いています(ご自身で、瞑想センターを設立されるくらいですから、当然でしょう)。

明日より、パオ・セヤドー『顕正法蔵』の翻訳再開しますが、『24縁発趣論』もお楽しみに。

  <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay 般若精舎>