Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

★飛び入り翻訳『24縁発趣論』3-6

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

骰子賭博をする前に、Kaccañña は国王に言った:

「大王!もし私が負けたならば、私はすでに、私の二つの宝物を差し上げる準備をしてあります。もし、大王が負けたならば、何をくださいますか?」

国王:

「私自身と皇后以外、私が持っているものの中から、あなたが好きなものを持って行けばよろしい。」

こうして、彼らは骰子賭博を始めた。

一回目は、国王が勝ち、二回目と三回目は青年の Kaccaññaが勝った。

青年は国王に言う:

「大王!私は三回の内、二回勝ちました。あなたは私に欲しい物をくれると言いました。では、あなたの智臣である Vidhuraの心(=心臓)を下さい!」

国王は仕方なく、智臣 Vidhuraを差し出すよりなかった。

Vidhuraは、一人ごちた:

「ああ、国王よ!あなたはなんと愚かなのか!なんと恥知らずなのか!

人々はあなたを何度となく、責めるでしょう。

あなたは、私のような智慧のある人を捨てて、あなたの敵の手に渡すなんて!

あなたは、あの青年の特徴を見抜けなかった。

彼は人類ではなくて、人間でないものが、姿を変えて、化けたものなのに。

私は一目で気が付いた。

彼の足には踵がない。

一度も瞬きをしない。

影がない。

これらは皆、人間でない証拠です。

私自身は、敵人の手に渡っても、なんとも思わないが、国王は己自身の愚かさにおいて、恥を知るでしょう!」

そう言った後、傷心の Vidhuraは、Kaccaññaを連れて、家に帰った。

家に戻った Vidhuraは、家族全員を集めて、彼らに説法をした:

「あなた方は、善を行い、悪を避けなさい。五戒を守り、世間のすべての衆生に向かって、毎日、慈心(metta)を散布しなさい。」

(3-7につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>