Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

FDC資料「37道品ハンドブック」3-6 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

已に生じた悪業といまだ生じない悪業

輪廻の中で漂流する衆生の中には、二種類の悪業がある。

それは、已に生じた悪業と、未だ生じない悪業である。

「已に生じた悪業」とは、過去または現在における悪業を言い、その中には、以前の輪廻においてなした悪行も含まれる。

これらの悪業の中で、ある種の人々は、三悪道の中で転生しており、時間を無駄にしている。

ある種の人々は、三悪道において、(+よりよい)転生の機縁を願っている。

三悪道に生まれることは、長い時間の受難、苦難となるのである。

「身見」に落ち込んでいるそれぞれの衆生は、人類であっても、天人であっても、または梵天であっても、皆、過去において、無尽の罪債を蓄積している。

というのも、このような悪業は、最低層の阿鼻地獄に入る、潜在的可能性を秘めているからである。

同様に、彼らは、他の色々な業を蔵しており、その他の三悪道に、転生する可能性もある。

これらの、過去においてなした業等が、機縁が熟すと、(+それに見合った場所へ)転生する事になるが、何度転生しても(+その業は)随伴するのである・・・これらの業が、清らかに浄化されるまで。

これがいわゆる「已に生じた」(uppanna)である。

これら過去における「已に生じた悪業」とは、「身見」の中に植え付けられており、「身見」がある限り、いまだ業報が生じない内は、これらの悪業が消え去ることはない。

しかし、「無我」を直観する時、修行者は「身見」を取り除くことができる。

この時より、一切の「已に生じた悪業」は、潜在能力を失い、かつ過去の悪業を貯蔵していた倉庫、蔵より、消失する。

これより以降、修行者は、未来の輪廻の内、または夢の中においてさえも、三悪道に転生することはない。

(3-7につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>