Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

FDC資料「37道品ハンドブック」3-18 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

過去の無数の輪廻における「已に生じた禅定」は、「欲界禅定」「色界禅定」及び「無色界禅定」が含まれる。

我々が、努力と精進でもって、「定法」の「已に生じた禅定」を形成しようと言う時、「世間的禅定」にはニ種類のレベルがあり、それは「定法」と「不定法」である事を、知っておかねばならない。

聖者が擁する世間的正精進、正念、正定は、「定法」の上に打ち建てられている。

これ以降の来世において、最後の涅槃を証入するまで、これら聖者は、たとえ夢の中においてさえも、貪婪、瞋恚等の邪悪な行為は、決して生起しないのである。

凡夫が擁する所の世間的禅定は、「不定法」のレベルにある。

無数の過去の輪廻の中で、これらの人々は、入定の凡夫であり、入定の仙人であり、入定の比丘であり、多くの生において、飛天入地などなどの禅定と神通力があった者である。

ひとつづつの世界系統の生命の周期は、四つの「劫」(kappas)の分けることができる。

一つの劫は、非常に長い。

これらの劫の中で、これらの凡夫は、梵天の梵王であったりした事がある。

各種の世界の、それぞれの系統の中にも、三悪道は出現する。

同じ似たような梵天において、これらの三悪道は充満しており、他の衆生はいない。

これらの衆生は、かつては梵天王、餓鬼、地獄の衆生、畜生及び阿修羅であった事がある。

無尽の長い輪廻から見ると、各種の世界の系統の生命の周期は;一瞬の瞬きくらいなものなのである。

故に、我々は、我々の身が、いまだ仏法の機縁の中にある内に、「不定法」である世間的正精進、正念と正法(過去の無尽の機縁において獲得したもの)をば、「定法」の世間的精進、正念、正定に変え得る様に、精進・努力しなければならない。

ひとたび、「身至念」に安住した後、我々は「37道品」を「無我の禅修」が円満成就されるまで、修習しなければならないのである。

善業に関する二種類の禅定の説明は、これで完了する。

(3-20につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>