Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

FDC資料「37道品ハンドブック」4-2 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

仏陀の教法の中には、五種類の根本的な「如意」がある。

①「神通如意」(abhiññāsiddhi):

「第一義諦」の数目と意義を円満に分析し、認識する事。

一人の修行者が、もし、「第一義諦」を認識・理解していないのであれば、仏法の範囲を逸脱してしまう。

アビダンマ論(アビダンマは、一切の根本的理論の真髄である)を全般的に理解する事、それがすなわち、「神通如意」である。

②「遍知如意」(pariññāsiddhi):

相(lakkhana)、

作用(rasa味)、

現状(paccupaṭṭhāna現行)、

近因(padaṭṭhāna足処)を通して、

またはそれらが具備する所の「無常」「苦」「無我」三法印を通して、「苦聖諦」を円満に理解する事。

③「捨断如意」(Pahānāsiddhi):

煩悩を円満に打ち砕く「集聖諦」(+の事)。

本書の主要な重点は、最低レベルのソータパナ聖者(Sotāpanna)においており、高位の聖者(+には触れない)。

「身見」を円満に打ち壊したならば、それがすなわち、「捨断如意」である。

「疑」を取り除く仕事は、「身見」を打ち砕く修行・仕事の中に含まれる。

(4-3につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>