Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

FDC資料「37道品ハンドブック」6-1 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

第六章 五力(balāni)

「力」の定義とは:「障礙に対応するが故に、『力』と言う」。

パーリ聖典では、以下のように言う:

「どのような時に障礙に出会おうとも、恐怖がなく安定している事を、『力』と言う。」

(《増支部》Ekaka Nipātaṭṭhakathā、Apara accharāsanghātha―vagga-vaṇṇanā)

「根」と同じように、「力」にも五種類ある:

1、信力

2、精進力

3、念力

4、定力

5、慧力。

「身見」の王国を打ち壊す為に、上記の者はそれぞれ将軍であったり、指揮官であったりする。

仏法における比丘または凡夫について言えば、上記の者は、頼る事のできる力である。

「信根」と同じ様に、「信力」にも、二種類ある。

1、自然信。

2、定信。

「自然信」とは、特別の修行や開発を経ないで、環境と貪欲によって生起したもので、故に、布施、持戒などの「自然的善業」のみ生じることが出来る。

「自然信」には「貪欲」を克服する力がなく、反対に「貪欲」が「自然信」をコントロールしている。

この事は、「貪欲」が如何に強力に「自然信」を支配するかを物語っているが、パーリ聖典の中では、四種類の聖者の伝統的修法に関する記述がある(聖種法 ariya-vaṁsa-dhammā。《増支部》Catukka‐nipāta、Pahama-paṇṇāsaka、ariyavaṁsa-sutta)。

が、これらは、太陽、月の如く、清らかに明確に天空に存在する。この四種類の修法とは:

1、食べ物に対して、非常に容易に満足する。(乞食)。

2、衣服に対して、非常に容易に満足する。(糞掃衣)。

3、住居に関して、非常に容易に満足する。(樹木の下に坐る)。

4、修習において、喜楽を発現する。(心身の寂静)。

(6-2につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>