Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~アウグスタ・ルイーゼ

f:id:wong0110:19800101000150j:plain

先日のブログで、バラの新種(改良種)は、値段が高い割に弱いと書きました。

特にフランス語で、コジャレタ名前のついたのは、そんな感じがします。

ドイツは、なんでも質実剛健です。

この<アウグスタ・ルイーゼ>も、ドイツな感じです(ドイツ語分かりませんが・・・。アウグスタってドイツ語かと・・・推測です)。

改良が上手く行って商品化した時、このバラは、ルイーゼと言う名の女性に捧げられたのでしょうか?

蕾の時に、多少杏色が見られますが、咲いてしまうと、赤みがかったピンクです。

私は基本、高芯やカップ咲きが好きです。

オールドローズのロゼット咲きは、咲き切った後の姿に、美しくないものもありますが・・・この<ルイーゼ>は、咲き切っても、綺麗です。

いかにも<定番のピンク>は、ちょっと厭きがきますが・・・<こっくりした大人のピンク>はOKです。

(セヤドー・・・バラの薀蓄語っていないで修行せい!)

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay 般若精舎>