Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

FDC資料「37道品ハンドブック」10-9 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

故に、この三種類の「財の遺産」は、仏陀の憂慮と心配を生じせしめた・・・これは仏陀をして悲しみを感じせしめる遺産である。

そういうことで、この三種類の「財の遺産」は、悪い遺産である。

その他に、37道品、たとえば「四念住」などは、仏陀の讃嘆し許可するものであって、浄化された心霊が、憂慮の中から解脱することができる遺産である。

こうした事から、これは善の遺産である。

我々はすでに、善の遺産と悪い遺産について説明したので、次に、善の継承者と悪の継承者について述べる。

特に記憶するべき事は、「財の遺産」の中の幾つかの遺産は、仏陀の讃嘆を得ているものがあることである。それらは

「一団食」(piṇḍiyālopa)、

「糞掃衣」(paṁsukūla)、

「樹下住」(rukkhamūla)、

「陳棄薬」(尿を酸化させて作った薬)で、

この四種類の「財の遺産」は、

仏陀の遺産」(buddhadāyajja)といい、

それらは仏陀が許した、四種類の偉大な伝統である。

上のような状況の下において、我々は仏陀がなぜ通常の布施者が布施する所の「余財」(atireka lābha)を受け取る(+のを善しとする)のかを理解することができる。

仏陀は以下のように言う:

「余っている寺院、住居や地点(=場所)などなど(+を受け取ることができる。)」。

(10-10につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>