Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』9-4

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

■現在

現今の仏教界の内で、パオ禅師(=パオ・セヤドー)によって代表され、指導される所の止・観禅法は、非常に広範囲に(+世界中に)広がって伝わっている。

彼は、安般念だけではなく、十遍、無色禅、四梵住、四護衛禅など等も教える;

また、彼の教える観禅(=vipassana)は、「アビダンマ」と非常に深い関係があり、その結果、非常に多くの仏教徒が、アビダンマの学習を開始している。

それ以前において、アビダンマを学習する人はほとんどいなかった。というのも、それは余りに深過ぎて、多くの人々は、それを学んだとして、何の役に立つのか、理解できなかったからである。

その後、皆は理解する事になった;

パオ禅師の教えは、アビダンマと密に相関しあっている事・・・故に、人々は、それを学ぶ必要がある事に、気が付いたのである。

パオ禅師に従って禅法の修習をする時、修行者にアビダンマの基礎(+知識)があれば、その利益は計り知れない。

これが、現在の自然親依止縁であり、このような状況の下、今や、多くの人々が、能動的に自ら進んで、アビダンマを学んでいるのである。

■内

禅修によって育成された定力を有する所の心は、殊勝な心生色を生じせしめ、色聚の形式で出現して、全身に遍布する。

一粒ごとの色聚には、八個の色法ーー地・水・火・風、色彩、香、味と食素(=栄養素)が含まれるが、その内の二つの色法は、光を発する。

その一つは色(=色彩)で、もう一つは火界である。

普通の心生色法の中の色彩は、光る事がない。

しかし、定力のある心が生じせしめる所の色法は、光るのである。

故に、ある種の禅の修行者は、己自身の身体内部の光を見ることができるが、これが内在する所の、自然親依止縁である。

心生色聚の内の色彩は、身体内部でしか光ることができず、その光は身体を超越する事ができない。しかし、心生色聚の中の火界によって生じる時節生色聚は、体内と体外、その両方において、発光することができる。

一個人の定力、ある人は深く、ある人は浅い。

もし、ある人の定力が深いならば、定力によって生じた所の光は、教室の端まで届く事になる;

定力が更に深い場合、光は更に遠くまで及び、台北全体(+を照らす)であろう。

たとえば、天眼第一のアヌルッダ阿那律)尊者は、我々が見えない所の衆生、たとえば、天神などを見る事ができたが、それはなぜであろうか?

というのも、彼の定力が発散する所の光は、非常に遠くまで届くが故に、彼は、一個の宇宙全体の内における、衆生を見ることができたのである。

定力の深くて強い心は、非常に高度の明るさを生じることができる上に、それは非常に遠くまで届くことができ、我々をして、通常、肉眼では見えない衆生をみる事ができるよう、なさしめるのである。

故に、天眼を修行したい修行者は、必ず禅定を修習しなければならない。

ちょうど、我々が真っ暗な教室に入った時、何も見えず、懐中電灯を使ったり、または、電燈をつけたりしなければならない状況だとして、これらの光があれば、我々は周囲が見えるようになる、のと同じである。

我々は、天神や地獄の衆生を見ることができない。

というのも、我々には、光が欠けているからである。

もし、我々が定の修習をして、光を得たならば、この光を借りて、肉眼では見えないものを見ることができるようになる。

これを、内在の親依止縁という。

(9-5につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>