Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』12-2

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

最初の一個目の速行心の力は最も弱く、造られる業は、今生受業(注1)である;

二番目、三番目、四番目、五番目、六番目の速行心は、すでに力が相当に強くなっている為、それらが造る業は、無尽業(注2)である;

第七番目の速行心の力は、弱くなるので、それが造る所の業は、下世受業(=次世受業)となる(注3)

(注1)今生受業:現法受業とも言う。最初、すなわち、一番目の速行心が造る業は、ただ今生においてのみ、果報を齎す事ができる。もし、今生において因と縁が不足するならば、無効業となる。

(注2)無尽業:後々受業とも言う。七個の速行心の内、中間の五個の速行心が造る業は、最も強い。故に、因と縁が具足しさえすれば、次に生きる事になるであろう所の、次の世以降の、どの一世においても、(+因と縁が)熟する事によって、果報が生じる。

(注3)下世受業:次生受業とも言う。第七番目の速行心が造る業は、次の生において、果報を齎す。もし、次の生において、必要な因と縁が具足しないならば、無効業となる。

(12-3につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>