Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~八風吹不動

今朝、『24縁発趣論』の<No12-5>を翻訳していましたら、『世間八風』という言葉が出てきました。

中国では、これを<八風吹不動>といい、そのココロは、仏教者なら、世間の八つの風に吹かれても、動揺するべからず・・・です。

世間の風とは、

得・失、

毀(誉)・褒(貶)、

誹謗・称賛、

苦・楽の八つです。

世間すなわち人生には、いつも得・失、毀誉・褒貶が伴いますし、楽あれば苦ありで、人生は、苦い味がするものです。何事も、頑張ったからといって、上手く行くとは限らず、人の心も、人と人との縁も、複雑なのだなぁ、と思います。

そんな世間の中にあって、<八風吹不動>。

凛として、飄々。

老サヤレーの心境は、まぁ、そんな所でしょうか。 

   <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay 般若精舎>