Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』13-3

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

一、異刹那業縁

善業または不善業に関わらず、そのすべてにおいて、業縁の縁力が、名法及び業生色法を支えている。

異刹那業縁は、業と果報は、同時には生起しない事を、表している。

すなわち、植えた因は、ある一定程度の時間が経過して後はじめて、果報を生起させるのである。

たとえば、我々は、この世(=今回の人生)で布施をするが、しかし、五年後または次の世においてようやく、果報が熟す。

これを異刹那業縁と言う。

心の変化は無常であるが故に、我々は各種多様な業を造るが、結果、各種各様の果報を、体験する事になる。

業の根源は無明であり、無明とは真実法を如実に知見しない、という事である。

12因縁法によると、無明の縁によって行ありーー無明が行為を引き起すーーそれは、意業、口業、身業の行為を含むのである。

衆生は身・口・意を通して、善・悪の業を造る。

10種類の悪業、10種類の善業がある。

身悪業には三種類あり、それは:

1、殺生ーー一切の有情に対して、残虐に殺害する、殴打する、及び虐待する事。

2、偸盗ーー盗みの方式でもって、他人の財物を得る事。

3、邪淫ーー正当でない性的行為。例えば、良家の婦女、未成年の少女または有夫の婦人などと性的行為を発生させる事。

いわゆる身善業とは、上記の三項から遠く離れる事。

口悪業には四種類あり、それは:

1、妄語ーー己の利益、または他人の利益の為、嘘をつく事。

2、両舌ーー誹謗したり、故意に中傷したりして、両者を分裂させる。

3、悪口ーー粗野な、人を傷つけるような、または人を不愉快にさせる言語でもって、他人と会話する。

4、綺語ーー述べている事柄が、時節に合わず、不適当であり、事実でなく、無用なもの、真理と仏法に違反しているもの、無価値なもの、合理的でないもの、極端なもの、及び無益なものなど等。

上記の四種類の口悪業から遠く離れるのが、口善業である。

(13-4につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>