Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』19-1

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

19 相応縁(Sampayuttapaccayo)

この縁は、縁法に属する所の名法が、縁生法に属する名法を、生起させるものである。

この縁法は名法であり、縁生法もまた名法である。

二者は、分離する事のできない、相応する所の、一個のグループとして、同時に生起する。

当該のグループの特徴は、同時に生じ、同時に滅する事で、同一の目標を擁し、また、同一の依処を擁している。

この縁において、もし、どれか一つの名法をば、縁法であるとする時、その他の相応する名法は、縁生法となる。

我々はすでに、心は、単独では生起する事ができない、必ず、心所と共に、同時に生起しなければならないのだ、という事を説明した。

もし、心が縁法であるならば、それに相応する心所は縁生法と呼ばれる;

もし、心所が縁法であれば、それに相応する心は、縁生法となる。

たとえば、美味なる味が舌根を打つとき、舌識が生じる。

舌識の生起は、相応する七つの一切心心所を生起せしめるが、その七つの心所とは、以下の通りである;

1、触ーー味、舌根と舌識を、連結させる。

2、受ーー味の喜ばしさを体験する。

3、想ーー味が甘いか、酸っぱいか、苦いか、を標識する。または、味が、常であるとか、楽であるとかを、標識する。

4、一境性ーー触、受、想・・・等の相応する名法を統一して、味に対して、集中させる。

5、名法命根ーー相応する名法の生命を維持して、各自が、各々の任務を、遂行できるようにする。

6、作意ーー心を誘導して、すべての相応する名法を、味に向かわせる。

7、思ーー二つの作用がある。

一番目は、己自身の貪を成す業である。

二番目は、その他の相応する名法を指揮して、己自身の作用を執行する事である。

たとえば、「触」を指揮して、味と、舌根と、識を連結させる;

「受」を指揮して、急いで、味の喜ばしさを、体験せしめる;

「想」を指揮して、味の標識をする。

「一境性」を指揮して、相応の名法を急ぎ統一して、目標に集中する;

また「名法命根」を指揮して、相応する名法の生命を維持する;

また「作意」を指揮して、すべての相応する所の名法を、目標に向かって誘導する。

【ここにおいて、舌識は縁法であり、その他の相応する名法ーー七つの遍一切心心所は、すなわち、縁生法である;縁力は相応縁である】

相応縁は、四つの条件を満足しなければならない。:

同時に生じ、同時に滅し、同一の所縁、同一の依処でなければならない。

この四つの条件は、心王と心所の相応する所の

条件でもある。

すべての心と心所は皆、同時に生じ、同時に滅し、同一の所縁、同一の依処によるものでなければならない。

上述の例を参考に考察するに、舌識が生起すると、相応する心所もまた、同時に生起する;

舌識が生起すると、相応する心所は、同時に滅し去る;

舌識と相応する心所はみな、味を所縁としている;

それらの依処は、すべて、舌根である。

心と色法が同時に生起する事はあるが、それらが、同時に滅する事はない。

故に、それらは不相応である。

ただ心と心所、名法と名法のみが、相応縁となる。

(20-1につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay(2018年5月25日クムダ・セヤドーより

正式に初心者瞑想指導の許可を得る)