Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

般若の独り言~『24縁発趣論』明日にて終了

 『24縁発趣論』の翻訳が、残り8ページ程になり、明日、一日もあれば、終わると思います。

今回、『24縁発趣論』の翻訳をさせて頂いて、本当にありがたい事だと思い、著者であるスシラ・サヤレーに感謝申し上げる次第です(大正大蔵経に、生のまま載っているのを読んでも、理解が難しい思われます)。

仏陀の教えでは、縁というのは、24種類あり、それぞれ役割が異なる。

名法の刹那生・滅と、色法の刹那生・滅の速度は異なり、一個の色法の生・滅の速度は、17個の名法分であるなど等、仏陀の<無常・苦・無我>の教えの緻密さ、繊細さには、感嘆するばかりです。

5月25日、私の戒師でありますクムダ・セヤドーが、私の住まう般若精舎を訪ねて下さいましたが、その時、セヤドーから<初心者瞑想指導の許可>を頂きました。

私も一応、パオ森林僧院所属の<禅師>という事になります。5歳で初発心して後、雌伏65年(化石寸前)、5月25日に<禅師>認定。

私のラッキー・ナンバーは<5>である事を、再確認した日でもありました(笑)。

私は、初心者に安般念(出入息念)をお教えしますが、禅相(nimitta)の確認ができた修行者は、直接、パオ森林僧院の高僧方(クムダ・セヤドー等)に、指導を受けて下さいとの、クムダ・セヤドーからの、ご伝言をお伝え致します。よろしくお願いいたします。

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay 般若精舎>