Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』23-2

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

二、親依止縁

一個の心が生起して、滅した後、もう一つ別の心が、それに密着するようにして生起するようにするのが無間縁である;

後心の生起は、前心の滅に依存している為、これを無間親依止縁と言う。

故に、無間縁または無間縁もまた、親依止縁内に含めることができる。

数数修習縁は、何度も重複することによって、後ろの心が更に力を得るようになるものを言う。

無有縁と離去縁は、前心が滅した後初めて、後ろの心が生起することができるのを言う。

後心の生起は、前心の滅に依止している為、親依止縁に帰納することができる。

三、業縁

業縁の帰納は、比較的単純である。業縁には二種類ある:異刹那業縁と、俱生業縁であ。異刹那業縁は業縁に帰納することができ、それが非常に強い時は、親依止縁に帰納することができる。俱生業縁は、有縁に帰納する。

四、有縁

多くの縁は、みな、有縁に帰納することができる。それは:

俱生縁、依止縁、食縁、根縁、ジャーナ縁、道縁、相応縁などである。

(23-3につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay(2018年5月25日クムダ・セヤドーより

正式に初心者瞑想指導の許可を得る)