Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。

★飛び入り翻訳~《基礎発趣論(業縁と果報縁)》2-13

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

重業(garukakaṃママ

重業とは、非常に大きな業の事である。

善業の場合で言えば、たとえば、禅定を得た所の・・・今生において禅定を得た人の、その次の生は、絶対に善なるものであり、それは、梵天に生まれ変わる事のできる業であり、これは非常に重大な善業である、と言える。

不善業の場合は、父母を殺す等の五逆の罪を言う。

この種の重業の果報は、必ず生起するもので、果報は彼をして、無間地獄へと落とすし、また、それを阻止できるいかなる業も、存在しない。

提婆達多は、この例である。

というのも、彼は、仏の身体から血を流さしめ、故に、無間地獄に落ちたのである。

どのような善業をもってしても、彼が地獄へ落ちる事を、止める事はできなかった。(+善業は)ただ、地獄で受ける苦しみを、一時的に、軽くする事が出来るだけである。

善業と悪業、双方ともに、果報を齎す。

重業の、思心所の第七番目の速行心は、その場で止まるという事は不可能であり、必ずや、当該の果報が、次の生で熟すのを促すのである。

そうであるから、我々はしっかりと考えなければならない:

我々には、善の方面における重業があるであろうか?

今の所は、ない;

悪業の方面における恐怖の重業は、あるであろうか?

ない。

そうであるならば、我々は、我々の未来の生において、重大な善業の果報も、悪業の果報もないのだと言える。

(2-14につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<《基礎発趣論(業縁と果報縁)》  中国語版→日本語訳出

 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>