Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

★飛び入り翻訳~《基礎発趣論(業縁と果報縁)》2-33

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

英加帝王は、一国の国王であり、また、宮廷も彼のものであった。

ナラタ梵天王は、仙人に化身していたが、しかし彼には、梵天王の威徳力があったので、人間社会の存在である国王は、王座に坐る事を控えた。

国王は、下方に立って、梵天王に質問を発したが、しかし、彼は尚、邪見を放棄することはなかった。

故に、また再び梵天王に訊ねた:

「ナラタ梵天王、あなた様は、本当に『来世』があると信じますか?

人は、今生で死んだならば、引き続き『来世』がありますか?

来世とは、住むことのできる場所ですか?

あなた様が本当に『来世』を信じているのでしたら、私に500円をお貸しください。

『来世』に1000円にして、お返しいたしますので。」

ナラタ梵天王は答えた:

「もし、あなたが持戒荘厳の人であり、かつ、あなたが良き人である事を私が知っていれば、私はあなたに、お金を貸すでしょう。

というのも、私は、良き人の来世は、必ず善趣に生まれることを知っているからです。

しかし、今のあなたは、悪事に満ち満ちています。

あなたは必ずや、地獄に落ちるでしょう。

一人の、地獄に落ちようとしている人間に、私はどうしてお金を貸す事ができるでしょうか?

もし私が、お金を貸したならば、私はどうやって、そのお金を取り返せると言うのでしょうか?」

世間の人々は、人にお金を貸すとき、ある程度相手に対して理解をしておかねばならない。少なくともこの人間が、怠惰でなく、努力家で、前途があるのだと、判断できなければならない。

今、彼にお金を貸すと、将来、必ず利子と共に元本が返ってくる・・・このような人間であって初めて、人々は、その人にお金を貸すのである。

一人の、大食いでかつ怠け者であり、また元手も持たない人間であれば、彼は借りたお金を使い果たし、お金を返すことなどないであろう。

このような人間に、お金を貸す人は、いないのである。

「あなたは地獄に落ちる人間であるから、私はあなたに、お金を貸せない。」

梵天王は、地獄とは、いかに辛くて苦しい場所であるかという、地獄の話を、始めた。

「この種の、正に地獄の苦を受けている最中の人間に、私は、借金を返して貰いに行けるはずがない。

行ったとしても、彼は借金を返せると思うか?

故に私は、この種の人間にお金を貸す事はない。

ある種の地獄は非常に寒くて、真っ暗で、手を伸ばしても自分の指が見えない。

寒くてお腹がすいて、そこは暗黒地獄と言う。

この地獄の住人は、お互いを見ることができず、また一本の細い道路があるに過ぎない。

一辺は石壁で、一辺は深い淵になっている。

住人はその狭い道の上にいて、ただ只管石の壁に沿って歩くしかなく、食べ物はないので、いつも飢えている。

故に、身体が何かにぶつかると、それを食べ物だと思い込んで、それに飛びついてしまい、結果、深い淵に落ちて、身体は粉々になってしまう。

もし、あなたがこのような地獄に住むとき、私はどのようにして、借金を回収すればよいのだろうか?」

(2-34につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<《基礎発趣論(業縁と果報縁)》 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>