Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~この世にないもの

最近、私は以下のものは、<この世にないもの>として、暮らしています。

ケーキ、ビスケットなどの菓子類(但し、おからを混ぜ込んだ、自家製は可)。

牛肉(特に高級な霜降りタイプ)、

豚肉なら、脂身の多い部位。

砂糖が一杯の市販のジュース、アイス類。

スーパーに行っても、これらの陳列棚には近づかないようにしています。それらは<この世にない>ものだからです(笑)。

そうしたら、体重が減り(元々おデブさんではありませんが)、何より体脂肪が減りました(体脂肪が減ったのは、嬉しいです)。

この世にないと思った方がよいものは、まだあります。

友情・・・はかないですよね(私には60年間、一度も喧嘩した事のない幼馴染が一人いますが、彼女が先に逝けば、友情は消滅です)。

愛情・・・親に溢れるほどの愛情を注がれても、自分の人生が、上手く行くとは限らない。

元々人間は、自分が一番大事。

愛が与えられるのも待っても、空振りになる事が多い。愛は奪うより与えろ。これが正解。

兄弟姉妹・・・財産争いで、決裂します(笑)。

お金・・・最近はブラック企業が多く、物価は上がり、賃金は下がるばかり。

命・・・これが一番、はかないかも知れません。

自分を害するもの、はかないものは、最初からなかったものと思えば、結構気が楽です。

仏陀智慧ですね。