Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~『阿羅漢向・阿羅漢果』翻訳します

最近、法友の方々と、交流する事がありあます。

やはり、悟りとは何か?涅槃とは何か?聖者(阿羅漢)とは何か?菩薩とは何か?が論点になる事が多いです。

というのも、これらがはっきりしないと、仏教徒として、どのように生きていくのか、どのような修行に取り組むのか、ということが明確になってこないからです。

特に涅槃については、

<涅槃は時空をこえたもので、それは、海を見たことのない人に海の説明をしても無駄なように、凡夫に涅槃の説明をしても無駄>

という説があり、これに対して、最終目的地を説明できない仏教って何?というご批判を頂く事もあります。

凡夫非才の私には、涅槃の説明はできませんが、タイで阿羅漢を証悟したと言われているアチャン・マハー・ブーワが『阿羅漢向・阿羅漢果』という一書を著わしていますので、それを翻訳したいと思います(「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」と並行です)。

今日の日本仏教は、大乗系もテーラワーダ系も、諸説紛々の中で立ち往生しているように思いますが、『阿羅漢向・阿羅漢果』が、些かの参考になれば幸いです。

     <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>