Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~タイ洞窟少年全員救出

今朝起きて、瞑想の後、すぐにPCを立ち上げました。

タイの洞窟に閉じ込められた少年たち、残り5人の救出が気になりましたので。

PCに、「全員救出」の文字が! 

よかったです。

私は、30歳過ぎた頃から、タイの森林僧院に聞法と修行に行くようになりました。

行先は、カンチャナブリ(映画「戦場にかける橋」の舞台)の山の中で、修行の合間、時々チェンマイ、メーホーソン方面に観光に行っていましたので、今回の事件は我が事のように心配でした。

英国のダイバーによって発見された時の影像を見ますと、少年たちが非常に落ち着いている様子で、これには大変に驚きましたが「少年たちは、洞窟の中で瞑想しているのかもしれない」と推測しておりました(その後、報道で、コーチが元僧侶で、本当に、少年たちに瞑想を教えていた、とありました)。

タイには<デク・ワット>制度があります。デク=子供、ワット=寺で、貧しい家庭の子供、または貧しくなくても自発的に、お寺に住み込む子供たちがいます。お寺で寝起きして、朝夕、お寺の雑事を手伝い、昼間は学校に行く、という体制です。

くだんのコーチは、早くに両親をなくして、デク・ワットとしてお寺に住み込み、長じては、出家僧侶として修行した事も、あったようです。

雨季に洞窟に入ったのは大いなる不注意でしたが、コーチが子供たちに瞑想を教えて、全員、落ち着いていられたのは、不幸中の幸いでした。

救援中に亡くなられた、元海軍のボランティアの方の、

ご冥福をお祈りいたします。

     <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>