Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

『阿羅漢向・阿羅漢果』1-4

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

適切な専注の対象を一つ選択し、心を整えて、この類の仕事をするということは、非常に重要な事である。

一般的に、私は入門的な念誦の詞を決め、それへの不断な持念によって、それを錨の一種とするのを推薦する。

こうする事によって、禅修行者は、非常に早く入定することができる。

もし、禅修行者がただ、<今・ここ>における知覚にだけ専注し、念誦詞をもって錨としないならば、修行の成果は、時には好く、時には悪いという風になる。

これは、心の覚知(+力)が非常に微細なため、念住の強固な基礎とする事ができないためである。そうであれば、心は非常に早く、瞬く間に煩悩に誘惑され、妄想と干渉の中に見失ってしまう事になる。

(1-5につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>