Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『阿羅漢向・阿羅漢果』1-10

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

私の禅修行は、この段階において初めて、安定した修行の基礎を、打ち立てる事ができた。

この時以来、私の修行は安定的に進歩しーーその後、後退する事はなかった。

一日過ぎる毎に、私の心は更に安寧と静けさ、平和と集中の度合いを、増していった。

以前より私を悩ませ続けた、修行の浮き沈みによる変動は、跡形もなく消え失せた。

修行が前進するかどうかの懸念は、<今・ここ>の念住によって取り換えられた。

<今・ここ>の念住の力と、過去と未来を妄想する妄念は、全く持って比較する事も無駄であった。

私の生きる中心は、<今・ここ>において--繰り返して念じられる ”仏陀” の黙念の生起と消滅だけとなり、私は、他の一切の事柄に、興味を持つことはなくなった。

遂に私は、過去において、修行に乱れがあったのは、念住を実践する時に、念誦詞という錨に欠けていたためである事を、はっきりと確信した。

以前の私には、禅修行における、専門的に特化した対象がなく、ただただ、内在する覚知という、おおざっぱな感覚に対して、専注していただけなのであり、故に、妄想が侵入するやいなや、簡単に征服されていたのである。

私は一たび、禅の修行の初期段階における正確な方法を知ってから後、誠心誠意、修行に打ち込み、一瞬の失念も、己に許すことはなかった。

早朝目が覚めてから後、夜眠るまでの間、私は時々刻々、目覚めた心で修行した。

これは一つの、非常に厳格なテストであり、比類なき専注と精進が必要とされた為、私は、念住に毛筋一本程のゆるみも出ないよう、精進した。

それほどまでに ”仏陀” に、深く専心した為に、私は、己の身辺の出来事に、全く留意する事はなかった。

日常生活は、何とはなくに過ぎて行ったが、しかし、”仏陀” だけは、はっきりと、専注し続けた。

私における、念誦詞に対する決意は絶対的であり、この堅固とした基礎は、私の修行を支えてくれ、心の安寧と静けさ、集中力は、全くもって動揺する事はなくなり、それは、大山のように、安定して強大になった。

(1-11につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>