Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

『阿羅漢向・阿羅漢果』1-31

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

身念住における禅修が、理性と成績(=成果)の二者と智慧とが、完全に結合する段階に入った時、禅者は、実に不思議な事に、昼夜止まる事無く、完全に、身体の観察に浸透する。

智慧は、ある種の速度と巧みさをもって、身体の中を移動し、非常に豊かで創造力のある分別、思惟、技巧を展開する。

それはまるで、ほぼ休むことなく身体内部の各々の部位ごと、各々の層ごとに転動し、隠れた場所や隙間を発見しては、真相の発掘に余念がない。

この段階における修行において、智慧の運用が慣性となり、それは、自動的に顕現するまでになる。

それは、それほどまでに迅速で鋭利である為、最も微細な煩悩までも、追いつき追随する事ができる上、最も大きな煩悩であっても、殲滅させることができる。

この段階における智慧は、極めて大胆で、チャレンジ精神に富み、それはまるで山の鉄砲水が、峡谷に流れ込むようなもので、煩悩が表現する所の執着と貪染を押し流すが、誰もそれを、押しとどめる事はできない。

敵手が非常なる曲者であるため、智慧と淫欲の戦いは、全面的な戦闘状態となる。

このような局面においては、勇猛であり、かつ妥協のない策略だけが、勝利を得ることができるのであるが、故に、適切な行動とは唯一、一つしか存在しないーー全力を尽くして戦う事ーー禅の修行者は、この事を本能的に、知っているのである。

智慧が身体を掌握した後、それは、煩悩の技量に捕獲されない為に、不断に観察の技巧を、改善し続ける。

智慧は、煩悩より先に一歩進んでみたり、不断に新しい出口を探し求めたりして、その手段を不断に調整するものである:

ある時は、狙う重点を変えて見たり、ある時は、技巧の微細な変更であったりする。

修行がますます熟練する時、己自身の、または他人のを含む、すべての身体への執着が、消失する段階に来る。

実際には、いまだ離れがたい執着は残されているのではあるが、それは徹底的に滅し去ったわけではなく、ただ、隠れていて、姿を現さないのである。

この点を、しっかりと見極める必要がある。

それは、人をして、消滅したと思わせておいて、実際には、不浄観の力によって覆い隠されているために、観察され得ないだけなのである

故に、自己満足してはならないーー念住、智慧と精進ーーでもって挑戦を受けようではないか。

心の力でもって、身体の全部をあなた自身の前に並べておいて、それを子細に専注する:

これはあなたの身体であるが、一体何が発生するであろうか?

智慧は今では、非常に迅速で果断な状態になっている。

それはあなたの面前において、即刻、身体をば分解し、粉砕する。毎回、あなたが身体を己の前に置くとき、それが己自身の身体であても、他人の身体であっても構わないがーー智慧は即刻それを分解し破壊する。

このような時、この種の行動は、すでに一つの慣性・習慣となっているのである。

(1-32につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>