Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

『阿羅漢向・阿羅漢果』1-37(40/100)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

全身に遍布・浸透する意識流は、それ自身の所へ退くようにして戻って行き、かつ、聚集して、高くて深いサマーディに入る。

この道理は明晰・明確に、見て取ることができる。

その時、躯体全体は、ただ一塊の物体と化すーーそれは、一つの樹木の切株のようなものである。

心が、サマーディから退出してくると、意識・覚知は、身体に戻って行って、四肢・百骸の一つひとつの部位に、拡散し、遍布する。

覚知と知る能力は、心ーー身体ではないーーの基本的な機能である。

この段階における禅身体者が、正常で、明晰な、目覚めた意識状態にある時、能知(=知る者)は全面的に、己自身を覚知していて、心と知覚が、時間性を超越する事、永遠の同一的核心であるを覚知するが、物質の元素は、それを覚知することはできない。

サマーディの内において、身体は覚知から消失してしまうが、しかし、覚知自体は永遠に消失することはない。

実際、これは自然の不変の道理である。

そうではあるものの、煩悩が心に浸透する時、それらはすべてを自我ーー私、または私のものーーとして、きつく握りしめるが故に、個人における真正なる本性と、それが賦与した所の生命の六根とを混同してしまう。

これが煩悩の本質である。

智慧は、まさに正反対である:

それははっきりと、身体とは何であるかを知っており、かつ、この誤った知見を、修正する。

煩悩は永遠に、身体を強く握りしめて、人をして身体は、個人における、非常に特殊な部分であると、信じせしめる。

智慧は、身体をば、一つの普遍的な物質の合成体であると見做し、かつ、それゆえに、それによる一切の自我への執着を捨棄する。

脳の説明をしよう。

それは一塊の物質であり、脳は、ただ、人類の意識の道具に過ぎない。

心が安寧と静けさと、定の深い境地に進入した時、通常は、全身に遍布している覚知・意識は、同時に全身の各部位から集中的に、胸の中間部分に聚集する。

能知の特質は、この一点において、顕著に顕現するが、それはしかし、脳から流露したものではない。

記憶と学習の機能は、脳と関係があるものの、しかし、真相に対する直接的な知見は、却って、脳とは関係がない。

一歩一歩、初歩的なサマーディから修行して、経験と理解の段階まで来ると、もともとすべての事柄は心の中で発生している(+という事が分かる。)。

これが真相のありどころであり、正しく修行している禅修行者は、修道における歩みを、一歩また一歩と、了解することができる。

一切の法の真相を理解するという事について、脳は必要とされないーーそれは根本的に役に立たない。

心の安寧と静けさ、光を放つ特質は、心の内において体験されるが、それらは明らかに、この位置(=胸)から流露するのである。

心のあらゆる方面において、最も粗いものから、最も微細なものまで、みな明確に、この位置から流露している。

また、すべての雑染の影響が、最後に心から滅し去られる時、それらもまた、ここにおいて消失するのである。

(1-38につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>