Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『阿羅漢向・阿羅漢果』2-4

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

この決定的な時が到来した時、時間と空間に関する事柄は、淡くなって行って、それとは完全に関係がなくなった。

出現したのは、心という、燦爛とした、自然な光明で、私はすでに、更に重ねて、観察に供する何ものをも持っていない程の、修行の段階を迎えていた為、私はすべてを放棄したーーあの光明だけが残った。

心の中の光明の焦点以外の、宇宙全体をば、すでに確実に、疑いも無く放棄した。

あなた方は、私の言っている意味を、理解できますか?

この<点>は、極端に危険なのかどうか?

この段階において、大念住と大智慧は聚合して、心の焦点に集まった。

この<点>を、全面的に観察しようとして、すべてのエネルギーをこの<点>の上の集めて、それが私に答えを与える様にと、要求した。

私はすでに、この段階まで修行していたので、なぜ心がこれほどに、色々な状態になるのかを、訝った。

私は心の、色々な状態に対して、すでに知っている、既知の事柄だと、広言する事ができたが、しかし、すでに知っている所の、心の、一つひとつの状態というのは、変化した・・・それは私に捉えられる前に、はや変化するのであった:

この状態は善であり、次の状態は悪であった。

あの<点>を観察、専注し、分析して、(+疑問を)明らかにしようとした:

”なぜ、たった一粒の心に、どうして、これほどまでの異なる状態が生じるのか?

それは少しも、統一されていないではないか。”

大念住と大智慧が、最も精緻で微細なレベルにおいて、手を携えて、共同で働くために、二者が合わさった力は、心の一切の、いかなる微細な変化にも対応することができた。

心の、どのような状態を観察する時でも、出現する可能性のある変化を、明確に知ることができたのである。

この一瞬、それは光明になり、次の一瞬には、暗淡になる。

”どうして、この様な状態が起こるのか?

変化は内部から生じている。

ほら!

今、私はそれらを追いかける事が出来る様になった。

この一瞬は楽であり、次の一瞬には苦になる。”

(2-5につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>