Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『阿羅漢向・阿羅漢果』2-6

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

突然、これらの異なる状態ーー闇、光、楽と苦ーーが、すべて無我であると領悟した時、心は徹底的に、静止した。

明確に、<一切皆無我>の結論に、到達したのである。

それは二度と手品をする余地は、なくなった。

心は、このレベルの法の上において、静かに止ったーーそれは、中立、静止であった。

それは、<我>とか<無我>とかに興味がなく、楽または苦にも興味がなく、光または闇にも興味がなく、心はセンターに安住して、平等であり、安寧で静かであった。

それは大念住と大智慧の中立性を保持していたが、それは、あなた方のような、愚かで、目を開け口を開けたまま茫然としている、お馬鹿さんの中立とは異なるものである。

世間の立場から言えば、それは散漫として、専注していないように思えるが;

実際には、それは前面的な覚知であり、心は静止の中に宙づりの状態で浮かび、不動の状態にあるのである。

そして、この平等で、不動の心、存在の根本ーー知る、という核心ーーは突然分離して脱落した。

光と闇等の一切合切は、突然、何の苦労もなく、炸裂して粉砕され、最後には、無我に戻って行ったのである。

(2-7につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>