Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『阿羅漢向・阿羅漢果』3-7

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

アチャン・マハー・ブーワは、これまで動揺した事がない。

世界中の人間が吠えたとしても、私は私の心内の言葉を語るし、(+彼らからの)影響を、受けることはない。

法の清浄なる本性は、世間の一切によって、動揺することがない。

あれら、行為・行動の相応しくない人間は、相応しくないままに生きていく;

あれら、利益の損失に敏感な人間は、損失のために生きていく;

あれら、利益の受益に敏感な人間は、受益のために生きていく;

善行に影響を受けた人間は、善行に帰依する。

一人の人間は、善業によって、(+次の世に)生まれ変わる。

一人の人間が、悪行の影響を受けたならば、その人間の心は、猛火の中で生きていくことになる。

これは、あなた方の欲する生き方であるのか?

仏世尊の教えは、永遠に正しく、彼は大声で宣言した:

”貪愛と無明が、世間に充満し、

炎の中で燃えているようだ。

嬉しいこと、楽しくて笑いに値するものなど、

どこにもない。

世間は暗黒によって覆い隠されているのに、

人はなぜ、光明を追い求める事をしないのか?”

よく聞くように!

私が教える法もまた同様である:

”貪愛と無明・・・”

あなた方全員は、一体どのように精神を病んでいるのか。

仏世尊が:

”貪愛と無明・・・”

と宣言する時、一群の酒鬼(=よっぱらい)たちが話をするのが聞こえたそうだが、あなた方は、あれら酒鬼の後塵を、拝しているのだ。

仏陀が弘法する時、彼らは一群の酒鬼であって、聖賢たちではなかった。

この話は、経典にも載っている:

仏世尊は、一群の酒鬼を比較してみて、彼らの違いを思惟してみた。仏陀の叱咤を受けても、彼らは依然として、己自身の錯誤に気が付く事がない。

(3-8につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>