Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『阿羅漢向・阿羅漢果』4-6

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

<心の内在は光明であり清浄である>

それはあらゆるもの、物事との接触を、保ち続けている。

一切の有為法は、例外なく無常・苦・無我の法則の制限、影響を受けているが、唯一、心の本性は、この制限を受けない。

心が、無常・苦・無我の制限、影響を受けるのは、この法則が制限する所の法によって、心が汚染される為であり、その事によって、心もまた、それと共に、流転することになった。

心は、有為法と一体化するが、しかし、それは分解したり、崩壊したりはしない。

それは、あれらの、それに影響を与える所の力に影響されて流転するが、その事によって、また流転する。

しかし、心の本性の真正なる力、それはすなわち、知る、であるが、それは死ぬということがない。

この不死の本性は、分解や破壊を、超えている。

分解や破壊を超越しているが故に、それは無常・苦・無我という、この自然現象からも、超越している。

しかし、我々はこの事に関して、蒙昧として無知である。

というのも、心を汚染する所の有為法は、完全に心に絡み付いて、心の本性は、それらに主導されているからである。

生と死は、心が煩悩に汚染され続けている状態であると言える。

しかし、煩悩自体が、我々の無知の原因であり、その為に、我々はこの事実を察知することができないでいる。

生と死は、煩悩が齎す問題である。

しかしながら、我々の本当の問題、唯一の根本的問題ーー心の最も根本的問題でもあるがーーは、我々に、真正な己自身になるための力に欠けている事にある。

我々は却って、嘘のものを、我々の真正なる自己と思いこんでいるのであるが、このことによって、心は、己自身の本性と真正に一致する事が無い。

更にひどいのは、心は、煩悩の詐欺に振り回されて、一切の事柄に、憂慮と恐怖を持ち込んだことである。

それは生存を恐れ、死を恐れ、どんな事柄であってもーー少しの痛み、劇的な痛みーーを恐怖した。

最も微小で、取るに足りない干渉であっても、不安を齎すのである。

その結果、心は、長期的に憂慮と恐怖に満たされるようになった。

恐怖と憂慮は、心の一部分ではないのではあるが、しかし、それは、心に干渉する能力を持っているのである。

(4-7につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>