Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~ゆっくりお読み下さい

『阿羅漢向・阿羅漢果』の翻訳が、本日、終わりました。

描写されている内容が内容でしたので・・・

阿羅漢の悟り!初めて読む高度な悟り体験に吃驚仰天!!なぜか、タイ国内の内紛の描写までも!!謎!!!

主語と動詞が、やたら離れていたり、倒置法が多用されていたりして、翻訳には少々苦労しましたが、なんとか完成する事ができました。

次には、早速、Ledī sayādaw  の

《Vipassanāハンドブック》に取り掛かっています。

《Vipassanā・・・》、翻訳の速度が速くて、申し訳ありません。

こちらは、文字も大きく、行間も適切で、老眼に優しく、どんどん訳せる感じです(ちょっとパーリ語が多いかな?)

これに続いて、「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」の、残りの後半部分を完成させれば(9月下旬

完了予定)、私の、中国語仏教書の日本語訳というミッションは、基本的に、これにて終了とさせて頂きます

(まだまだ、ご紹介したい仏教書は沢山ありますが、これより先、修行に専念いたします)。

その為、このブログ(Sayalay's Dhamma book)の、仏教書の日本語訳部分は、9月末より、凍結状態になりますので、いつでも、ごゆっくりとご閲覧下さい。

よろしくお願いいたします。

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>