Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

般若の独り言~メメント・モリ

先日、アチャン・マハー・ブーワの法話

『阿羅漢向・阿羅漢果』の翻訳を終えました。

これまで、色々な仏教書を翻訳しましたけれど、阿羅漢とはどういうものかが、具体的に分かる本は少ないので、

翻訳できて本当によかったです(当該書籍をご恵送くださった、台湾原始仏教協会様、感謝です)。

アチャン・カオ、

アチャン・マン、

アチャン・マハー・ブーワ

メーチ・ケーウ

アチャン・チャー

これらの方々が綺羅星のように活躍した1900年代、タイの黄金期かも知れません(それ以前に、「ナーワコワーダ」を作った王弟が、腐敗していた仏教界を刷新しましたし・・・)。

彼らは、遊行僧として、森林、荒野、山岳地帯で修行するのを好んだようです(拙訳「メーチ・ケーウの物語」参照の事)。

大型の野獣の行きかう森林では、己自身の「怖れ」と向き合う絶好のチャンスだったようで、武勇伝も色々残っています。

以前、「森の中では、虎も怖いけれど、コブラはもっと怖い」と、某比丘が言っていました。

コブラに咬まれると、24時間かけて、血液がジワジワ固まって、その後に死ぬ。これは怖いです。

 

メメント・モリ

死を忘れるな・・・

仏教徒なら、死を恐れるな・・・でしょうか。

死を恐れない事、従容として死ぬ事・・・今生の私の、最終章のテーマでもあります。

追補:今年の冬は、タイの森林僧院を訪ねて、これまで

お世話になった方々に、御挨拶しておきたいですね。

定年になると、即刻、ご夫婦で出家の念願を果たしたSさん(女性。銀行頭取)、母一人子一人の家庭で、ご母堂が亡くなると、即刻、高校教師を辞めて出家したPさん(男性。出家願望を達成する為、独身を通していました)、タイ陸海空三軍総帥の娘三姉妹さん。皆、懐かしいです。

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>