Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

《Vipassanāハンドブック》5-5(F)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

この時、仏陀は言った:

「比丘たちよ!

この種の不可思議な事柄は、発生するのが、最も難しい、という訳ではない。

もっと難しい事柄、百倍、千倍も難しい事柄がありますが、それはあなた方の知識の領域を、越えています。

それは、ある一人の人間が死んだ後、四悪趣に生まれるとして、この人が、人身を得る機会は、目の見えない亀が、牛軛に出会うのより尚、難しい。

牛軛が、目の見えない亀の頭に嵌る事と、この事を比べてみたならば、前者は取るに足らないことなのです。

というのも、あれら善行を行い、悪を去る人は、天道または人趣に往生することができます;

しかし、四悪趣に生まれた衆生、彼らは、善悪、好悪、道徳と不道徳、功徳と無功徳の区別がつかないのです。

故に、彼らは邪悪な、罪悪に満ちた生活をしていており、かつ、お互いに苛め合うのです。

地獄と鬼道の衆生は、業報、懲罰によって、非常に悲惨な日々を送っています。

彼らは、悲しみ、痛苦と憂慮に苛まれています。

故に、比丘たちよ!

一人の人間が死した後に、人身を得る機会は、目の見えない亀が、牛軛に出会うよりも、百倍、千倍も難しいのです。」

《雑阿含406経》

(5-6につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<《Vipassanāハンドブック》(原題 Vipassanā Dipanī)

Ledī sayādaw著 中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>