Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

《Vipassanāハンドブック》5-6(F)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

この経典から分かる事は、なぜ悲惨な世界に生まれる衆生がいて、彼らはなぜ、人類の生活を過ごすことができないのか、という疑問に関して、その答えは、彼らは、上に向かって望むという事がなく、下に向かって堕ちていくから、と言うのが答えである。

下に向かって堕ちる、とはどういう事であるか?

彼らの無明は、生死輪廻の中にあって、不断に増大し、強化され、まるで下流に向かってまっすぐに流れて、最後に平原に流れ着く河川のようである;

彼らは常に、下に向かう傾向がある。

というのも、彼らには、善道に向かう通路が閉ざされているからであり;

悪道に行く通路は、却って、開かれているのである。

これが、下に向かって堕ちる、という意味である。

故に、目の見えない亀の物語から、智慧ある人は、凡夫(人趣)の罪悪のどれほど深重であるか、恐ろしくて危険であるかを、知らねばならない。

以上が、凡夫趣の話である。

次に、聖趣について説明する。

聖趣は、人の死後、凡夫趣から解脱する事、または、凡夫趣(凡夫趣の中の一つひとつの生命は必ず死亡する)で入滅して後、二度と輪廻しない事を言う。

または、比較的高度な生命状態に生まれる事を言う;

または、個人の選択によって、生まれる所を選択する。

聖趣は、椰子の実が、木から落ちるようなものではなく;

それは、鳥が、空中を飛翔するかのようであって、彼らの住みたいと思う所、または木の上に飛んで行く。

あれら聖人の境地に到達した人、天人と梵天は、比較的良好な場所に生まれることができるし、または、再び人、天人と梵天に生まれることもできる。

彼らがすでに聖人の境地を証悟していて、その生命が終焉する時、彼らは再びどこかに生まれ変わりたいと思うかも知れない。

もし、彼らが意外な出来事によって、急逝して、その時、どこかに生まれ変わりたいとは考えていなかったしても、彼らは必ず、比較的良好な生命の形態に生まれることが出来、また、劣等で不幸な衆生に生まれ出ることも免れる。

その他に、もし、彼らが、また人に生まれるならば、彼らは決して、低い階級に生まれることはなく、馬鹿者としても、外道としても生まれる事も無い。

天人と梵天もまた、このようであり、彼らは完全に凡夫趣から解脱している。

これが聖趣に関する説明である。

(5-7につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<《Vipassanāハンドブック》 (原題 Vipassanā Dipanī)

Ledī sayādaw著 中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay >