Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

《Vipassanāハンドブック》6-1(F)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(六)二種類の諦

Saccā は、諦または真理を指す。

諦は、一種、堅固な信であり、またはある事柄の固有の本質を言う。

諦には二種類ある:

すなわち、

1、俗諦(sammut-saccā):世俗のまたは相対的な真理。

2、真諦(paramattha-saccā):絶対的な真理。

この二者の内、俗諦は世間の道理、真理を言い、一般大衆によって使用される。

たとえば、「自我は存在する」、「活きている魂は存在する」、「人は存在する」、「天人は存在する」、「釈迦族は存在する」、「象は存在する」などなどである。

俗諦は、不真実の反対であり、故にそれを克服(overcome)することができる。

俗諦は、嘘ではなく、また虚構でもなく、人々が「一種の、永遠不変の、永恒の自我、または活きた霊魂は、一時的に生起するのではなく、また、生命と共に消失するものではない」と言う時、それは絶対多数の人々が、習慣的にそのように述べる談話方式であり、彼らには、他人を騙そうとする意図はない。

しかし、真諦から見れば、上記の事柄は顛倒(vippallāsa)と見做される。

それは、無常を常とみる錯誤;

無我を、我とみる錯誤である。

この種の誤った見(=見解)が壊されない限り、如何なる人も、生死輪廻の中から、飛び出すことはできない。

故に、上に述べた、絶対多数の人々の習慣的な談話方式は、みな、俗諦に属する。

たとえば:ある人が「某人は存在している」など等と言う時である。

真諦は、絶対的真理であり、現象界における真実、基本、根本的特質に合致している。

ここにおいて、人は、肯定的な方式でもって真諦を描写することができる。

たとえば:「固体(地)の元素は存在している」、

「拡大(地)の元素は存在している」、

「動くエネルギー(火)の元素は存在している」、

「心智は存在している」、

「意識は存在している」、

「触、受、想は存在している」、

「色蘊は存在している」など等である。

もし、否定的な方式でもって真諦を表現するならば、我々は以下のように言うことが出来る。

「自我(=我)は存在しない」

「霊魂は存在しない」

「永恒なる個体はない」

「永恒なる生命はない」

「象は永遠には存在しえない」

「手は永遠に存在する事ができない」

「足は永遠に存在する事ができない」

「身体の如何なる部位も、永遠には存在できない」

「人と天人は、永遠には存在できない」など等である。

ここで言う所の「自我は存在しない」「霊魂は存在しない」とは、人の一生において、永恒不変なる実体、または霊魂というものはないのであって、それを我と呼ぶ事はできない、という意味である。

「永恒の生命はない」などと言う時、それは物質と精神元素を除いて、真実不変な実体というものは無い、と言う意味である。

これらの元素は、衆人でもないし、衆生でもないし、人類でもないし、天人でもないなど等。

真諦と顛倒は、正反対であるため、それを否定することができる。顛倒を対治する事のできる人間は、生死輪廻の中から抜け出すことができる。

俗諦によると、個人は存在し、生命は存在する。一人の人間または一つの生命は、生死の海洋の中で、浮いたり沈んだり、一つの生命から、もう一つの生命へと、不断に輪廻する。

しかしながら、真諦によれば、個人というものは無く、個体生命の存在も無く、一つの真実の自我(=我)の、その生命が、もう一つの生命へと輪廻する事はない。

ここにおいて、以下の様に問う人はない:

「この二種類の諦は、全く異なるものなのではないか?」と。

しかしながら、我々は二者を一つに合する事は出来る。

我々は:「それは俗諦に基づくものか?それとも真諦に属するものか?」などとは言わない。

故に、それぞれが己自身の表現方式で、言論すればよく、どちらの諦もまた真実である。

故に、誰かが:「俗諦によれば、個人は存在しており、生命も存在している。」と言うならば、それを聞いている人間は、その言論を否定してはならない。というのも、それは世俗の言い方であり、物事の存在を明確に述べようとしているのであるが故に。

(6-2につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。<《Vipassanāハンドブック》(原題 Vipassanā Dipanī)Ledī sayādaw著 中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>