Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

《Vipassanāハンドブック》22-4(F)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

心法の方面もまた同様であり、もし、心識の変化を観察する事が出来たならば、心所の変化もまた同時に観察する事が出来る。

特に、心法のうちの、受、想、行など等と、色法のうちの色、香など等、これらは内観(vipassanā、以下同様)の所縁境(対象)となる。

というのも、それらは、禅修行者をして、非常に快速に、軽易に、無常随観智を、獲得せしめるからである。

しかしながら、哲学の観点から言えば、内観の智慧を証得するのは、たとえば、「衆生」、「人」、「我」、「生命」、「永久」、「楽」などの概念を取り除く事、かつ顛倒妄想を取り除く為である。

内観の智慧を獲得する事が出来るかどうか、その大半は、三法印を正しく理解しているかどうかにかかっているが、三法印(三相)に関して、本文では、すでに充分に説明した。

以上が、度遍知(tiraṇaparññā)に関する説明である。

(23-1につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<《Vipassanāハンドブック》(原題 Vipassanā Dipanī)

Ledī sayādaw著 中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>