Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~《Vipassanāハンドブック》翻訳終了

本日、《Vipassanāハンドブック》の翻訳が完了しました。

連日の酷暑に、外出を控えていました為、翻訳が却って、捗りました。怪我の功名でしょうか?

Ledī sayādawの《Vipassanāハンドブック》と、

パオ・セヤドーの『智慧の光』を比べてみますと、

修習の目的や手段において、多少異なる表現もあるようですが、『智慧の光』は大部なため、アビダルマ初心者には、《Vipassanāハンドブック》を、まずは参考にして頂くのも、よいかと思います。

残すところ、「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」の 100ページだけになりました。

一日2ページとして、9月下旬には、終了できそうです。

今は、私を日中(北京語)バイリンガに育てて下さった父母(移民の父母は、台湾語しかできませんでしたが、私の進学先は私の希望を入れて、北京語を学べるインター・スクールにしてくれました)、小一から中三まで、時には優しく時には厳しく、北京語と人間としての誇りを教えて下さった教師、1990年代からの、華人大乗仏教文化圏におけるテラワーダ再興の波により、中国本土の中国人、美麗島の台湾人、マレーシア、シンガポール華人達が力を合わせて、テラワーダ仏教に関する中国語(北京語)の仏教書を、次から次へと出版して下さっている現状に、心より感謝申し上げます。

私の本棚には『禅修指南』(プンニャ尊者著)、

『日常生活に応用するアビダンマ』(スシラ・サヤレー)

阿弥陀経はどこから来たのか?』(曾銀湖著)

など等の、すぐれた修行書、論文が数多くあるのですが、翻訳作業は「テーラワーダ・・・ハンドブック」を最後に、私のミッションは、これにて終了とさせて頂きます。

翻訳完了まで、もう暫くお付き合い下さい。

  此是道、汝応修(ゴータマ仏陀

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>