Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」5-10

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

10、

問:離欲邪行と非梵行学処について、もう一度説明をお願いします。

答:「邪欲行学処」とは通常、不邪淫戒と言っているものであって、邪淫を戒でもって除く戒条に当たる。

「非梵行学処」は、不淫欲戒、不浄行学処ともいい、淫欲、性交から遠く離れて、貞潔である事の戒条を言う。

《長部新復註》では、以下の様に説明する:

「『婆羅門よ、この(世間)において、沙門または婆羅門で、まさに[完全に]梵行を行う者は、女人と両両の入罪(の交媾法)において、未然のものであっても、女人が彼に油を塗る、身体をさする、沐浴させる、按摩する、時、彼がこれを歓び、これを求め、これに喜楽する。婆羅門よ。これは梵行の破壊であり、切断であり、斑点であり、雑色である。婆羅門よ。私はこれを行が不清浄である所の梵行であると言う。

淫欲に結縛されるに相応するならば、私は彼は生老病死、愁、悲、苦、憂、悩から解脱できないと言い、諸々の苦から解脱できないと言う

(2)次に、・・・女人が彼に油を塗る、身体をさする、沐浴させる、按摩して、女人と笑い合う、遊ぶ、喜ぶ・・・などは許されない。

(3)・・・女人と笑い合い、遊び、喜ぶ、(己自身の)目で思念し、女人の目を見る事・・・は許されない。

(5-11につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>