Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」5-14

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

彼(彼女)たちが、道によって入道するというレベルに到達し、かつ、受楽がある時、すなわち、罪を犯す(+と判断される)。

いわゆる「道によって入道すると言うレベルに到達」とは、己自身の性交管道が、相手の性交管道に、ゴマ粒ほど大きさ、進入したものを言うが、それは罪となる(避妊具を用いていても)。

しかし、非常に小さな動物で、それらの口などが小さすぎて、人類の性交の管道となれない場合は、それらは不浄行の対象とはならない。

以下の状況においては不犯:

1、知らない者ーーすなわち、熟睡者等。すなわち、攻撃を受けた時に、(完全に)知らない者。

2、不受楽者ーー知っていたとしても、彼(+彼女)は全く享受することなく、完全に楽受がない時。

3、精神病者

4、乱心者。

5、極度に痛苦な者。

(5-14につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>