Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」5-17

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

17.

問:装飾を原因とする花飾りをつける、香(=お香を炊く)、塗香(=香水を塗る)を離れる学処について教えて下さい。

答:《闡明勝義》では、「花飾り(mālā)」とは、すべての花の環であると言う。その他の復註では、紐・糸でまとめてある花も、そうでない花も、花鬘(=花飾り)であるとする。

塗香(=香を塗る)」は、己の皮膚に香をつけて、吸引力を高める為、香料を砕いて、(+身体に)塗る香の粉を言う。

その他の香粉、(香)煙などの一切は、「香(dandha)」と言う。

上に述べた事から、すべての、己自身の吸引力を高め、大人物かのように見せるために、花環、花束をつけ、各種の香油、香水、香粉、香料、化粧品などによって己自身を装飾する事は、犯戒である。

ある種の長老は、この戒を受持する者は、イヤリング、ネックレス、腕輪、指輪、時計などの装飾品も、つけてはならないとする。

この条戒には、三種類の構成要素がある:「花環などのその内の一つでも、許可された因縁のないままに、身に着け、塗り、装飾する事は犯戒である。」

以下の状況においては不犯とする:

1、皮膚病のために、薬を塗る必要があって、その薬の中に香がある時。

2、仏に供養するために、花、香を受け取る時。

3、精神病者

4、乱心者。

5、極度に痛苦な者。

(5-18につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>