Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」5-22

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

1、低いベッド、椅子またはスツール。

2、正方形の椅子と七支椅子以外に、ベッドや椅子の底部の枠を計算にいれず、その足部分が仏陀の八つの指幅分を超えないベッド、椅子。

3、もし、上に述べた20種類の高い、大きな座具、ベッドが手に入ったならば、仏陀は、以下の様であれば許可する:

高いベッド、椅子(āsadiṃ)は、鋸で足をきり、猛獣の彫り物のついているベッド、椅子(pallaṅkaṃ)の足は、削り取る。綿の詰まったベッド、椅子(tūlikaṃ)は、綿を抜き取った後、枕にすれば使用できる。

4、ベッド、椅子に敷いたマット類は、許可された布または皮革で表面を覆い、内部に羊毛などの各種の毛、木の葉、木の皮、草、布を詰めれば使用できる。ただし、人毛、達子香(tālīsa)葉と綿花を詰めてはならない。

5、地面に敷く絨毯、毛布は、大きくても使用することができる。

6、皮革は、地面に敷いて、座具にする事はできる。

特に注意しなければならないのは、ベッドのマット、マットカバー、スプリングベッド、椅子のマット、蒲団などの内部に、綿で詰められている場合、使ってはならない。しかし、綿を詰めたベッドマット、椅子マットが、固定されていて外すことができないのであれば、ある種の長老方は、在家俗人の家で使うならば許可される、と言う。

この条戒は、二(または三)種類の要素で構成される:「高い、大きい座具、ベッドもの、それらに(座りたい、使いたいと)思う事」

以下の状況は不犯である。

1、正方形のスツ-ル、七支椅子の足で(+既定の)寸法を超えているもの。

2、高いベッド、椅子、獣足のベッド、椅子、綿を詰めたベッド、椅子を除いて、在家が所有し、かつ彼らが敷いた高い、大きい座具に座ってもよい。ただし、横になってはならない。

(5-23につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>