Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」5-31

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

23、

問:父母が許可しない場合、出家できないというのは本当ですか?

答:仏陀は《律蔵》の中で、以下の様に規定している:

「比丘たちよ。

父母が同意しないならば、その子を出家させてはならない」

註釈書では、もし、父母がいまだ在世である場合、父母双方の許可を得る必要がある。

また、もし、幼少の頃より父母が存命せず、叔母などの親戚が育てた場合、叔母等の許可を得てから、出家するべきである、と言う。

しかしながら《法句経》の註釈書の中で、シャーリープトラ尊者の一番小さい七歳の弟が、出家して、阿羅漢を証得した時の話が載っている。

シャーリプトラ尊者が、八億七千万の財産を放棄して出家した後、彼の三人の妹と、二人の弟も出家した為、後に残ったのは弟のレワタ一人であった。

彼の母親は思った:「私が子Upatissa(シャーリプトラ)が出家した後、三人の妹、二人の弟も出家してしまい、残ったのはレワタ一人になってしまった。

もし、彼も出家してしまったならば、将来、我が家の財産は、公のものになってしまうし、家系も途絶えてしまう。

私は、彼が小さい内から結婚させて、家に残そう。」

シャーリープトラ長老はこの事を予知すると、先にレワタの出家を受け入れてくれる寺院を見つけ、その寺院の比丘たちに言った:

「賢友たちよ。

もし、レワタが来て、出家を願ったならば、彼を出家させて頂きたい!

私の父母は邪見者であり、彼らに許可を得ようとしても無駄なのである!

私が彼の父母なのです。」

その後、レワタは結婚式の行き返りに智慧を絞って逃げ出し、出家を企て、まさにその寺院に行って出家したのである。

親が探しに来るのを憂いた年少の彼は、比丘たちから、阿羅漢の業処を教えて貰った後、一人で、30由旬(一由旬は16kmまたは12km)離れた森に行き、その森の中で三か月の雨安居を過ごした時、無礙解智を具備した阿羅漢になった。

この先例があるため、南伝仏教の伝統では、もし、父母が仏教徒ではない場合で、出家したいと願う時は、父母の許可を得なくともよい事になっている;

ある種のサンガは、出家希望者に一対の義理の仏教徒の父母を認め、義理の父母の同意を得た後であれば、サンガは彼の出家を受け入れる。

(6-1につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>