Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」6-5

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

6、

問:

比丘は、女性と同宿してはいけない、というのはどういう意味でしょうか?

答:

いわゆる「同宿」とは、同一の、一つの屋根または、同一の出入り口を持つ建築物で、同一の時間において、横になる事を言う。

ただし、比丘と女性の同宿は、日没から黎明までの時間において、比丘と女性が、同一の時間に横になる事によって、初めて犯戒となる。

実際は、女性に限らず、その時間帯に、比丘は雌でありながら人間ではないもの、充分に淫欲の対象になり得る雌の動物とも、同宿してはならない(心堕落)。

7.

問:

前回、私が比丘尊者に、私と一緒に台北へ戻りましょうとお願いした所、比丘尊者は「比丘は女性と約束することはできない」と言いましたが、それはどういう事でしょうか?

答:

仏陀は、比丘は女性と同行する約束をしてはならない、と規定しているが故に(心堕落)。

比丘は、女性と同行する約束をすることができないが為に、あなた方が比丘に、あなた方の家に来て貰いたいと思う時、一人の男性を随行(+員)として、彼から、比丘に同行を願い出てもらい、同時に、彼に随行してもらうのがよい。

そのようであれば、比丘もあなたの家に行って、供養を受け、説法をすることができる。

8.

問:

前回、我々は、我々の車に乗ってもらうよう比丘尊者にお願いしましたが、比丘尊者は、私の母親と一緒に後部座席には乗れないと言うのですが、それはどうしてですか?

答:

仏陀は、比丘が女性と同じ長椅子、ベンチに座ってはならないと規定したが故に。

もし、次回、あなたの父親が車の運転をするのであれば、比丘尊者は、助手席に乗るようにすれば、比丘も困惑しないであろう。

(6-6につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

。 「