Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『禅修指南』紹介(2-4)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

先に識別するべき名法・・・・・・・・・111

六グループの定義・・・・・・・・・・・111

四随観・・・・・・・・・・・・・・・・112

受、識または触の識別開始・・・・・・・113

色法の識別の開始・・・・・・・・・・・115

両門及び所縁の同時的識別・・・・・・・115

四種類の名密集の看破・・・・・・・・・118

果報の如何によって、速行は改変可能・・・120

信慧グループ名法・・・・・・・・・・・121

ジャーナ名法の識別・・・・・・・・・・121

意門善速行心路過程の識別・・・・・・・125

五門善速行心路過程の識別・・・・・・・129

法所縁グループーー善グループ・・・・・135

      正語・・・・・・・・・・・135

      正業・・・・・・・・・・・136

      正命・・・・・・・・・・・136

        信、慧(正語、正業、正命)・・136

      悲・・・・・・・・・・・・137

      喜・・・・・・・・・・・・137

        信、慧(悲、喜)・・・138

      仏随念・・・・・・・・・・139

      死随念・・・・・・・・・・140

10結の生起・・・・・・・・・・・・・・141

概念を所縁とする不善名法を識別する方法・・・147

究極眼浄色を所縁とする貪見グループの識別修法・・・148

色所縁グループ不善名法の識別方法・・・・151

声(音)所縁、香所縁、味所縁及び触所縁の四グループ・・・153

名法全体を「名法」とし識別する・・・・・155

名色差別(区別)法・・・・・・・・・・・156

威儀路明覚・・・・・・・・・・・・・・・156

行住座臥の内の色法の識別・・・・・・・・157

行住座臥の内の五蘊法の識別・・・・・・・159

外観の法・・・・・・・・・・・・・・・・161

次の段階・・・・・・・・・・・・・・・・163

四念処の修行・・・・・・・・・・・・・・164

(2-5につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

★誤字脱字を発見された方は、「コメント欄」までご一報下さい。

<Ven. U Puññānanda『禅修指南』見出し紹介 文責 Pañña-adhika Sayalay>