Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『禅修指南』紹介(2-5)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

第八章:縁起第五法・・・・・・・・・・167

    三世間遍知・・・・・・・・・・168

       (一)所知遍知・・・・・168

       (二)度遍知・・・・・・168

       (三)断遍・・・・・・・168

    三出世間遍知・・・・・・・・・169    

    随覚知と通達知・・・・・・・・170

    第五法摘要・・・・・・・・・・171

    集諦・・・・・・・・・・・・・171

     《無礙解道》の教示・・・・・173

    行と業有・・・・・・・・・・・173

    推理と直接体験・・・・・・・・174

    縁摂受智の体験証悟・・・・・・175

    神通と観禅(vipassanā)・・・176

因を追尋する方法・・・・・・・・・・・178

縁起に関する5種類の教法・・・・・・・179

心(智)を過去に向ける・・・・・・・・180

煩悩輪転と業輪転・・・・・・・・・・・182

色相が出現したら・・・・・・・・・・・183

過去世の臨終期に向かって・・・・・・・184

善意王女の過去の発願・・・・・・・・・186

禅修者の例・・・・・・・・・・・・・・187

もう一つの例・・・・・・・・・・・・・188

煩悩輪転の三・・・・・・・・・・・・・188

業輪転の内実・・・・・・・・・・・・・190

縁摂受の段階・・・・・・・・・・・・・191

目標の変更・・・・・・・・・・・・・・193

因果の判別・・・・・・・・・・・・・・194

あらかじめ注意しておくべき要点・・・・194

四つの名蘊・・・・・・・・・・・・・・195

    (一)一性理・・・・・・・・・195

       三人または四人・・・・・197

    (二)異性理・・・・・・・・・198

    (三)不作為理・・・・・・・・199

       自性定法・・・・・・・・200

    (四)如法性理・・・・・・・・200

(2-6につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

★誤字脱字を発見された方は、「コメント欄」までご一報下さい。

<Ven. U Puññānanda『禅修指南』見出し紹介 文責 Pañña-adhika Sayalay>