Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

般若の独り言~<『禅修指南』紹介>中間報告

現在ブログ掲載進行中の<『禅修指南』紹介>は、基本的には、<見出しのみ>を紹介するスタンスで取り組んでいます。

ただ、私が「重要な文章だ」と判断しました部分に関しましては、箇条書きにまとめて、(概要抄)として追加記載しています。

仏教のダンマを理解するには、(概要抄)だけでは不充分ですが、本書<紹介>の趣旨をご理解頂ければ幸いです。

この本は、内容が非常に広く、深く、また

Ven. U Puññānanda尊者の豊富な指導体験も盛り込まれた、高度でかつ実用的な著書と思われ、機会があれば、

全編、翻訳したいものだ、とも思っています。

今冬より修行生活に入るため、全編(500頁の大部)の翻訳は、今すぐに取り掛かる事ができませんが、いずれは・・・とは思っています(老眼・老骨、もう一頑張りして貰わねばないませんね~笑)。

よろしくお願いいたします。

★私のライフワークでありました仏教書の翻訳は、2018年8月10日をもって終了致しました。「智慧の光」「如実知見」「菩提資糧」「パオ・セヤドー問答集」(パオ・セヤドー

シリーズ)「37道品ハンドブック」「Vipassanaハンドブック」(Ledī sayādaw 

シリーズ)「掌中の葉」「24縁発趣論」「基礎発趣論」「メーチ・ケーウの物語」

「阿羅漢向・阿羅漢果」などなど(約20冊)を講読ご希望の方は、ブログの中から見つけてご閲覧下さい。一部は<菩提樹文庫>にも掲載されています。

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>