Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~出発進行

私は、台湾のパオ系寺院なら、<法雨道場>が好きです。

ここの HP を時々覗きますが、非常に地味。

そこに載っているのは、毎週のパーリ語教室、アビダンマ講座のスケジュールと、リトリートのお知らせ、配布している仏教書の一覧くらいです。

でも、ここの、年に一度のリトリートが、素晴らしい。

指導者は緬甸パオ森林僧院出身の緬甸人比丘 P尊者。

P尊者、中国語堪能なので、インタビューも分かりやすく、夜毎の法話も、非常に楽しみなのです。

この<法雨>来年二月から三月にかけて、リトリートがありますので、早速申し込みをして、昨日は、福岡~台北のフライト・チケットを予約。

昨今 LCC のチケットは、WEB 上で予約するので、少し緊張気味。往路は<荷物預けないタイプ>を選択。大変にお安かったです(某旅行会社の窓口申し込み手数料と、同じくらい。バーゲン価格とはいえ、安すぎでしょ)

これから台北のホテル(ホステル)を決めれば出発進行 OK!ちょっと気が楽になりました。

来年は、他に二か国(ベトナムミャンマー)行く予定です。やはり、WEB で安いチケット探しますかね(WEBで安いのを買い慣れると、窓口では買えないですね)。

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>