Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(3‐39)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(2)遍知(parijānaṃ):

ひとたび、禅の修行者がすでに五蘊とその因を証知したならば、次には、それらの無常(anicca)・苦(dukkha)・無我(anatta)の本質を遍知しなければならない。

この種の審察(=省察。以下同様)(+の修習に取り組ん)で初めて、(+修行者は)真正なるvipassanā (に取り組んでいるのだ) と言うことができる。

この種の智もまた ”審察遍知” (tīraṇa pariññā)と呼ぶ。

それは五蘊の刹那生滅を了知し、照見する事に相当する。

(3)離棄(virāhayaṃ)と捨断(pajahaṃ):

禅の修行者が、何度も繰り返して不断に五蘊の無常・苦・無我を審察する時(もし、彼の修行方法が正しく、観智が高くかつ深く、また鋭利である時、そして、同時に充分な波羅密~pāramī~のある時)五蘊への捨離が生じる事が出来ると同時に、また暫定的にまたは永遠にそれらへの愛と執着を遮断することができる。

この種の智は ”断遍知”(pahāna pariññā)と呼ぶ。

禅の修行者は、この三種類の遍知の過程を通る必要がある:

先に五蘊及びその因に関する証知を育成しなければならない;

次に、省察する事によって、五蘊及びその因の真実なる本質への観智を育成しなければならない。

これは五蘊及びその生起と滅没を如実に了知する事に相当する;

最後に、この種の方法によって、五取蘊を如実に審察、了知する事によって初めてそれらへの愛と取(=執着)を捨離することができるのである。

この三種類の過程は観智における標準的な次第(=修行の順序)であり、それはすなわち、慧学(paññā)である。(注23)

<注23>シャーリープトラ尊者は、《中部・大智解經》(Mahāvedalla Sutta)の中において以下の様に言う。

”賢友よ、慧とは証知の為、遍知の為、捨断の為(+にあるの)である。(Paññā kho、āvuso abhiññatthā pariññatthā pahānatthā’ti)”

(3-40につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。

<『涅槃証悟の唯一の道』パオ・セヤドー著 (原題「証悟涅槃的唯一之道」) 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>