Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(3‐52)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

<注24>:

仏陀は、《Kuṇḍaliya Sutta》の中において、以下の様に言う:

”クンダリヤよ。

四念処はどの様にして修習するのか?

どの様に多く修習する事によって、七覚支を円満させる事ができるのか?

ここにおいて、クンダリヤよ。

比丘は身随観身において住し・・・受随観受において住し・・・心随観心において住し・・・法随観法において住する。

熱心に、正知し、念を具備し、世間の貪、憂を調伏する(vineyya loke abhijjhā domanassaṃ)。

クンダリヤよ。

この様に四念処を修習し、この様に多く修習すれば、七覚支を円満させる事ができる。”

《中部・入出息念經》において、仏陀はこの種の修習方法について、更に詳しく解説している。

<注25>:

《長部・浄信經》(Sampasādanīya Sutta)と《相応部・ナーランダ經》(Nālamnda Sutta)において、シャーリープトラ尊者は、同様の譬えを用いて、過去、未来のすべての諸仏は、現在のゴータマ仏陀を含んで、みな、心の汚染の捨離を通して、慧を高めて、五蓋を弱めたのであり、また四念処において、善く心を建立し、七覚支を如実に修習し、結果、無上の正自覚(=己自らによる正しい覚醒)を証悟したのである(+事を説明している)。

仏陀は ”Sādhu!Sādhu!Sāriputta” と言って、彼の観点を賛同した。

その内、念処とは vipassanā であり、覚支とは道(maggo)であり、無上正自覚とは阿羅漢(arahattaṃ)の事である。

または、念処は vipassanā であり、覚支は混合されたものであり、それは、止と観と道が含まれた混合(+の法)である(samathavipassanāmaggavasena missakā)。

(3‐53につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。

<『涅槃証悟の唯一の道』パオ・セヤドー著 (原題「証悟涅槃的唯一之道」) 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>