Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~アナパナ修習の問題点(禅病について)

本日、『涅槃証悟の唯一の道』の<No. 6-3>を翻訳しました。

そこには「アナパナ・サティを修習する時の注意点」が

四項目書かれています。

アナパナを修習される方は、必読です。

私は 20年前に、緬甸のモーラミャインにあるパオ本山で修行をしていた時に、この問題に遭遇しました。

それはちょうど、<No.6-3 >に書かれてあるうちの、二番目の状況に陥ったのですが、その時は、その現象を、合理的に説明してくれる人は、おりませんでした(注1)。

そのため、座禅・瞑想すると顔が締め付けられる様に痛くなり、致し方なく、2年で修行を切り上げて、日本に帰って参りました(理由が分からないので、非常に困りました)。

私が尊敬している某尊者も「若い頃、出家して暫くの内、呼吸に専注すると頭が痛くなる」禅病にかかって、一度還俗したそうです(現在は禅病を克服されて、アメリカ、中国、台湾、マレーシアなどを巡ってパオ・メソッドを教える、世界的指導者となりました)。

みなさまも、呼吸が微細になった時、決して心を、鼻腔の中に入り込ませない様に、して下さい。

上唇、人中、皮膚などとは、すこ~し離れぎみの場所で、呼吸に専注して下さい。

禅病経験者より。

(注1)女性が、パオ・セヤドーの山上のクティを訊ねて、指導を受ける事がほぼなかった事と、彼に聞けば、問題が解決するという発想が、私になかった為。

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>