Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~賢いリトリート

来年二月に、台湾の<法雨道場>で行われるリトリート、中国語で禅修営(chan xiu ying)といいますが、参加

申請にOKが出ました。とても楽しみです。

指導者は、緬甸の gwa に道場を持つ、P尊者です。

今年の初め、同じく<法雨道場>で P尊者のリトリートに参加した時、尊者は開口一番、こう言われました。

「ここは大事なリトリートの場です。

みなさん貴重な時間を工面して、参加されています。

どうか、議論は慎んで下さい。

ダンマに関する議論は、仏教大学で済ませておいてください。修行道場、リトリートは、議論の場ではありません。」

私は、緬甸のパオ本山で二年程修行しましたが、毎日の面談(インタビュー)の時、ダンマについて議論する人は

皆無でした(インタビュー参加者は、主に台湾、韓国の比丘尼、台湾、マレーシアのサヤレー、各国の在家女性)。

みなさん、仏法への疑惑を払拭してから来ているか、または疑問を持っていても、己の修行を通して、決着をつけ様としているのです。

インタビューの時に、ダンマについて延々と、禅師と議論するという事は、他人の面談の時間を奪う事になります。

実践の場、特にリトリートでは、己の瞑想体験を指導者に報告して、その長所・欠点・盲点・死角を指摘してもらい、次の進歩へ繫げなければなりません。

輪廻の主体は何か?

誰が生きて、誰が死ぬのか?

などという疑問は、是非仏教大学(進学でも聴講でも。日本にもタイにも緬甸にも仏教大学はあります)、各種の講座(日本にも民間の仏教講座、色々あります)で済ませておいて下さい。

自分の時間も、他人の時間も無駄にしない事、これが

<賢いリトリートの受け方>です。

(注)セヤドー方は、リトリートの場にふさわしくない質問には、無記で応じられます。

尚、無記とは、「無意味な質問には答えない」と言う意味合いだけではなく、質問者の態度が悪い時なども、無記となります。

   <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>