Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『涅槃証悟の唯一の道』 パオ・セヤドー著(6-18)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

初禅

あなたが五根の育成を実践する時、定力は上昇し、かつ入出息似相を覚知する時間は、益々長くなる。その時、あなたの定力は、ジャーナと非常に似た境地ーー近行定(upacāra samādhi)になる。

その後、あなたの五根が充分に育成されてバランスを得る時、定力は近行定を超えてジャーナーー安止定(appanā samādhi)に到達する。

ジャーナに到達した時、心は似相を不断に覚知して、それは数時間、または一昼夜、または一日中続くのである。

ひとたび、あなたが安止定に安住することができて、かつ、入出息似相に対して、二時間またはもっと長い時間専注することが出来る様になったならば、そしてそれを何日か維持できたならば、あなたは五禅支の識別にチャレンジするべきである。

それらは:

(1)尋(vitakka):それは心を引導して、心をして、入出息似相に投入せしめる。

(2)伺(vicāra):それは心を保持し、心をして入出息似相の上に維持せしめる。

(3)喜(pīti):喜悦。入出息似相に対して、喜びを感じる。

(4)楽(sukha):入出息似相に対して、愉悦と愉快を感じる。

(5)一境性(ekaggatā):心をして、入出息似相に専注せしめる。

(6-19につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi> 

<『涅槃証悟の唯一の道』パオ・セヤドー著(原題「証悟涅槃的唯一之道」) 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>